【儲かる分野】アフェリエイトで挫折しない方法・心構えを簡単解説

ブログ活用法
ブログやる象
ブログやる象

アフェリエイトって儲からないよ~


ブログ好き代
ブログ好き代

本当にアフェリエイトで稼げるの?
売上数百円なんだけど・・・


ブログを始めてアフェリエイト広告で儲かる!



そんな夢を持って始めたあなた・・・
素敵ですよ!(笑)


この記事では、アフェリエイト広告で挫折しないための学をしますね。


では、今日もスタート


アフェリエイトで挫折する人の特徴


1.簡単に短期間で稼げるようになると思っている

インターネット上では、アフィリエイトを始めれば1日に少しの時間作業するだけで稼げるといった情報が散見されますが、しっかりとしたアフィリエイトを始めて報酬の獲得ができるようになるまで、半年を要するともいわれています。


1~2ヵ月、簡単な作業をおこなっただけで稼げると思っている方は、もっと現実的な考えにシフトしたほうが良いでしょう。

本業の合間や休日などに簡単な作業をおこなう初心者と、多くの時間やリソースを費やして本格的に取り組む専業の方や企業とで、どちらが月1万円以上稼ぐ上位1割になりやすいかは一目瞭然でしょう。


そのため、あなたがもしアフィリエイトで収益を得たいと考えるのであれば、まずは扱う商材に関係するキーワードで検索し、上位に入っているページを調べてみて、これがすぐにできることなのか、という現実を知ったほうがいいかもしれません。


2.情報量が多く、軸となるノウハウに集中していない

専業の方や企業は、多くの時間やリソースを費やして培った大規模なサイトで情報を発信していたり、複数のサイトを並行して運営していたりすることがあります。


一見、情報量で勝負しているようにも思えますが、SEOや集客のノウハウを軸に、実に巧みなサイト運営がおこなわれているのです。



確かに無料のブログサービスが登場した時代では、日記の延長線にあるようなものを書くだけで収益を得られることもありましたが、現在は様々なチャネルが存在し、検索エンジンのアルゴリズムも日々、改善が行われています。



そのような流れを汲み取り、コンテンツ制作に邁進することが求められています。

アフィリエイトを始めても、軸となるSEOや集客のノウハウなどを意識することなく、情報量だけでサイトを運営していては成功に結び付きにくいでしょう。情報量も必要ではありますが、最低限の軸となるノウハウに集中することも大切です。


3.作業を継続せずやめてしまう

アフィリエイトに限らず、副業やビジネスの世界では失敗はつきものですので、失敗した理由を想定し、改善していくまでが成功のプロセスといえます。


そのため、1度や2度失敗したと感じても、めげずに作業を継続していく根気が必要です。

アフィリエイトを始めて、報酬を獲得するまで半年は要する といわれていますし、継続1年未満の約半数以上が、月5,000円も稼げていないという調査結果 もあります。


そのため、半年も継続していない状態では、むしろ稼げない可能性のほうが高いともいえるのです。

一方で、アフィリエイトを1年以上継続している場合、収益がない方は1割未満といううれしい調査結果 もあります。初報酬が見えず失敗したと感じている方は、まず1年の継続を目標にしてみてはいかがでしょうか。


ブログを継続しても成果がイマイチ・・・

そんな方はこの記事をご覧くださいね。



何よりSEOで上位表示

「YMYL」ジャンルは上位表示が難しいためブログで稼ぐのは困難です。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で健康やお金に関するジャンルのこと。人生や命に深くかかわるのでGoogleは信頼性の高いサイトを上位表示させます。

信頼性の高いサイトをGoogleはE-A-Tと定義し、SEOで重視しています。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

 

YMYL関連のキーワードで上位表示するにはE-A-Tが求められます。


しかしYMYL全てが同じSEO難易度ではありません。



キーワードによって求められる信頼性は変わります。



詳しい内容はこの記事に!



アフェリエイトの収益


フィリエイトマーケティング協会の2020年の調査です。

アフィリエイトに関する意識調査

これは、ブログをしている人の1か月間の収入ですが、月収1,000円に届かない人が48.2%となっています。

このように、ブログを頑張っても稼げない人が半数近くいるのが現実です。

稼ぎやすいアフェリエイトのジャンル


アフィリエイトには、収益化が簡単なジャンルと難しいジャンルがあります。

簡単なジャンルとして挙げられるのは書籍、電子機器、ファッション用品、生活用品などです。これらは日常的に使われていて購買されやすいこともあり、すぐに収益に繋がります。


ただし、アフィリエイトの利率は低く、得られる収益は一件あたり数百円程度。まとまった収益を得るためには大量の商品を売らなければなりません。



逆に難しいジャンルとしては金融関連、通信回線、転職などが挙げられます。
これらは契約や加入が成果となるため、難易度は高くなりますが、アフィリエイトの利率は高く、一件の成約で数千円から数万円の報酬が得られます。


こういった分野は競争も激しく、ジャンルに関連する検索結果の上位には、軒並み大手サイトがひしめいています。



難易度 低

  • スマホアプリ系
  • ポイントサイト系
  • 動画、映像系

このジャンルは、難易度は低いながら需要が高いジャンルです。

新しいアプリも続々と配信されますし、スマホ利用者であれば聞いた事があるものも多いので取り組みやすいと思います。



難易度 中

  • 転職・求人系
  • 資格・教育系
  • 妊娠・育児系
  • インターネット系
  • 車とバイク系
  • 食料・飲料系

難易度中の案件では、今後もずっと需要が続き、検索数が大幅に減る事が無いであろう項目になります。

この中では、検索ユーザーに購入してもらうという負担が少ないものも多く、成約に結び付きやすいというメリットもあります。



難易度 高

  • 恋愛・婚活系
  • 健康・美容系
  • 育毛・AGA系
  • 金融系
  • 保険系

このジャンルはユーザーの悩みも深く、ユーザーが商品を得るためにかかる負担も高い(お金がかかるケースが多い)ため、ライバルがひしめく、難しいジャンルと言えます。



利率の良いジャンルを選ぶ

フィリエイトでまとまった収益を得たいなら、できるだけ単価が高く、利率が良いジャンルを選ぶのが基本です。とはいえ、それだけを条件に選んでもサイトの運営は上手くいきません。


「利益力」「メディア力」「持続力、この3つの条件を満たすジャンルが理想です。


ジャンルを決めるための三要素

  • 利益力
    「利益力」は、言い換えるならアフィリエイト力です。いかに効率よく利益を生み出せるかは、商品の価格やアフィリエイトの利率にかかっています。利益を出しやすいジャンルを選ぶのは、アフィリエイトで成功を収めるための絶対条件です。


  • メディア力
    「メディア力」は、サイトにお客さんを惹きつける力です。どんなに利率のいいジャンルでも、サイトに魅力がないと訪問者は定着せず、売り上げも伸びません。面白いメディアを作る自信があるジャンルを選びましょう。


  • 持続力
    「持続力」は、サイトを運営し続けるモチベーションです。儲かる商品で面白いサイトを作っても、興味・関心が続かなければ更新は止まってしまいます。短期間なら利益のために頑張れるかもしれませんが、アフィリエイトサイトは年単位で更新を続けなければならないので、興味や関心を持続できるかは非常に重要。大きな成功を収めている人は、利益を度外視してでもサイトを続けたいという強い思いを持っていることが多いのです。

オススメASP

自分でアフィリエイトジャンルを探してみたい人に向けて、

下記のASPがおすすめです。

無料で登録できますので、自分に合いそうなジャンルを探してみて下さいね。



SNSの勧誘に要注意

停滞期こそ要注意!


その隙間を詐欺師が狙っていますよ。
悪質、巧妙な手口とは・・・




まとめ

現実を知る!

ブログをしている人の1か月間の収入ですが、月収1,000円に届かない人が48.2%となっています。

フィリエイトでまとまった収益を得たいなら、できるだけ単価が高く、利率が良いジャンルを選ぶのが基本です。とはいえ、それだけを条件に選んでもサイトの運営は上手くいきません。

「利益力」「メディア力」「持続力」、この3つの条件を満たすジャンルが理想



SEO上位表示を目指す

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で健康やお金に関するジャンルのこと。人生や命に深くかかわるのでGoogleは信頼性の高いサイトを上位表示させます。

「YMYL」ジャンルは上位表示が難しいためブログで稼ぐのは困難

Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)




SEOが何のことか分からない方にはこの記事で簡単解説!



ブログ村参加中です!ポチすると喜びます(笑)

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
にほんブログ村


【この記事を書いた人の自己紹介】

タイトルとURLをコピーしました