宮本哲也先生が発案【自ら進んで学ぶ子ども】算数パズルを使って勉強が好きになる。

あるある子育て悩み

子どもが勉強するためにはどうしたらいいの?


んな悩む保護者の方に必見!



学ぶ方法の源は子どもの好奇心です。



そのためにどうするのか・・・この記事で紹介しますね。

では、学びのスターート!




子どもが自から学ぶ方法

①「命令する」言葉ではなく、「考えさせる」言葉を使う

子どもの頃の失敗は、今後伸びていくためのステップです。少しくらいの失敗なら、見守ってあげましょう。まずは自分で考えさせることによって、子どもが自発的に取り組むことを応援してあげてください。



②「疑問に思う」「不思議に感じる」言葉を投げかけ、「好奇心」を湧き立たせる

日常生活のさまざまなことについて、子どもが疑問に思ったり、不思議に感じたりする言葉をかけていきましょう。



③親も興味を持ち、子どもに教えてもらう

親に褒められたり、教えたりすることによって、子どもは自信と喜びを感じ、そのことで更に意欲を高めていくでしょう。



④集中している時は、中断することなく取り組ませる

集中力は、親がいくら言葉で「集中しなさい!」と言っても、身につくものではありません。集中力は好奇心により育まれるものであり、その集中力が、物事への興味を更に深めていくのです。集中している時には、中断せずに取り組ませることで、子どもはより意欲的に学ぶことでしょう。



⑤親がイキイキと楽しく学んでいる姿を子どもに見せる

子どもは親を見て育ちます。日頃から親が目標を持ち、イキイキと何かを学んでいれば、その姿を子どもは必ず見ています。子どもは親を見て育ちます。日頃から親が目標を持ち、イキイキと何かを学んでいれば、その姿を子どもは必ず見ています。


この5つ方法がすべて満たされているのが・・・パズル

そうパズルなのです。


パズルがまだ早い・・・というお子様には・・こちらの記事を参考!


パズル感覚で勉強する

パズルは大人にやらされる「勉強」ではなく、遊びですから、多くの子は自分からやりたがります。パズルが解けたときの「できた!」という喜びは、まさに遊びの中での感動です。それは親や先生にやらされている「勉強」で得られるものとは、比べものにならないほど大きいのです。この感動が、子どもたちが考えることが好きになっていく原動力になります。


『賢くなるパズル』を使ってみる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

賢くなるパズル(入門編) 宮本算数教室の教材 [ 宮本哲也 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2022/5/15時点)





賢くなるパズルとは?

『賢くなるパズル』は、宮本哲也氏が開いている宮本算数教室の教材。宮本先生のこの教室は無試験・先着順の入塾ながら、開成・麻布・栄光・筑駒・桜蔭・フェリスなどといった最難関中学校に、近年生徒の80%以上が進学する実績を持っている教室です。


宮本哲也先生プロフィール

1993年、横浜に宮本算数教室を設立。無試験先着順の入室にもかかわらず、卒業生の80%は首都圏トップ校に進学。多いときは欠員待ちの生徒が500人を越えた。

2015年、日本にいながら異例の6ヶ月というスピードで取得したグリーンカードはジョン・レノンやオノ・ヨーコ、ノーベル賞受賞者が取得するのと同じ分類のカテゴリーE11。
同年2月、教室をマンハッタン、グランドセントラル駅近くに移転。

2018年5月、再び東京都千代田区にて教室を再始動。

著書の『賢くなるパズル』(学研)はシリーズ250万部、『算数と国語を同時に伸ばすパズル』(小学館)はシリーズ40万部、『強育論』(ディスカヴァー)は単行本、新書で計10万部の売り上げ。
テレビ出演歴「情熱大陸」(TBS 2006年)、「たけしの新教育白書」(フジテレビ)、「未来シアター」(日本テレビ)、「全力教室」(フジテレビ)など

また宮本哲也先生は、

面白い問題だけが子どもを夢中にさせる

教えてもムダ。自分で考えて、解決することこそが大切

 こう語っています。


 宮本算数教室の最大の特徴は、「教えない」こと。子ども自身に考えさせ、頭を使わせることで、計算力、思考力、集中力が身につくのだそうです。そして、小学3年生まではオリジナルパズルをひたすら解き続けます。



宮本哲也先生に関する情報は・・・

宮本算数教室の教材 賢くなるパズル&算数WEB
賢くなるパズルは、「宮本算数教室」という宮本哲也先生が主宰している算数教室の教材を書籍化し、シリーズ累計150万部を突破した計算パズルです。

(Gakkenホームページ)

宮本算数教室 Miyamoto Mathematics Classroom
宮本算数教室 Miyamoto Mathematics Classroom

(宮本哲也先生ホームページ)


【重要】効果を期待する親の心構え

『賢くなるパズル』は、宮本算数教室のポリシーと同じく、親が子どもに強制しない・教えないことがとても大切です。いったん子どもに渡したら、あとは子ども自身が興味を持ってページを開くまで、急かさないこと。そして何より、解きはじめた子どもが回答につまったときも、解き方を教えないこと! ついついヒントを教えたくなってしまいますが、ぐっとガマンしてください。

パズルの答えは必ず一通りしかありません。そのため、答えあわせをしなくても、ルール通りに空欄を埋められた瞬間「解けた! 合ってる!」と子ども自身が実感できます。この解けたときの快感が、もっと解きたい!と子どもが夢中になるヒミツなのです。



効果は?

親が教えなくても子どもが自ら学ぶようになる

これです!

はい。これだけです(笑)

【豆知識】大人になっても成功する教育とは?

<アルベルト・アインシュタイン、スティーブン・スピルバーグ…様々な分野で一流人を輩出したユダヤ人家庭では、子どもとどのように向き合っているのか? 迫害の歴史の中でユダヤ人が継承し続けてきた家庭教育の「教え」を紹介しましょう>

・ノーベル賞受賞者の22%
・アイビーリーグ学生の21%
・アカデミー賞受賞者の37%
・ピューリツァー賞受賞者の51%

これらは世界人口のわずか0.2%(1500〜1800万人)と言われるユダヤ人の功績のごく一部です。

詳細はこの記事!


【この記事を書いた人の自己紹介】


ブログ村参加中です!ポチお願いしますね!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました