【悲劇】Google Adsenseの広告制限の体験を話します!アドセンス狩りに注意!

ブログ活用法
RioMay
RioMay

やってしまったー!!
Googleアドセンス広告に制限がかかったという方を聞きますよね(苦笑)
その原因を経験者の私が説明しますね!





こんにちは、皆さん、ってしまいました!

アドセンス広告配信に何と


制限がかかってしまったのです!



Googleアドセンス合格までの道のり



思い起こせば・・・

Googleアドセンス申請に何度もチャレンジするも・・・・




残全ながら現時点ではAdSenseのご利用が承認されませんでした




・・・このメール通知を見るたびに・・・はあ、また駄目だ~





とどうすればいいか悩んでだ日々・・・






知っている方もおられると思いますが、下の内容のメールが届きます!
                     👇






Googleアドセンス申請をされた皆さんの中にも何度か見られた内容かと思います!






このまま、合格しないのではないか・・・









どうすれば合格できるんだ!







もしかして私にはセンスがないのでは・・・・








はあ~、もう諦めようかな~!!








改善に改善を重ねて・・・・祈りながら申請



と、ある日・・・






おめでとう!メールが・・・




やった~~!!!







何か、受験に合格したような感じでした。(笑)



もう一度確認・やってはいけない行為


①自己クリック
自分のサイトの広告をクリックしたり、自分のサイトを閲覧したりする行為。
誤って広告をクリックしてしまったり、自分のサイトの様子が気になって見に行くこともあるかと思いますが、それらが収益のための意図的で悪質な行為だと見なされる可能性もあります。



②身近な人による複数回のクリック
同じユーザーが繰り返し広告をクリックしている行為。
繰り返しの中には短時間の連打だけでなく、1日1クリックのような継続的なクリックも含まれます。
家族や友人に自分のブログを伝えている場合、善意で広告をクリックしていることも考えられるので注意が必要です。




③アドセンス狩り
悪意を持った第三者が意図的に広告を連続でクリックし、サイトのアドセンス停止を狙う行為。
こういった行為をする人の意図は不明ですが存在するのは確かなようです。




④SNS流入
TwitterなどからのSNS流入。
実はSNSからの流入はトラフィックの質を下げると言われています。
ブロガーの方の多くはSNS運用も重要視されていると思いますが、SNSに頼り切るのは危険な要素もあるということです。




⑤クリック誘導
ユーザーに広告をクリックするように促す言葉や、誤クリックを誘発するような広告配置。
これらは無効なトラフィックの増加につながります。
特に広告配置については、意図せずとも問題がある状態になっていることもあります。




これらの行為に反れば・・・



下記の内容のメール通知がGoogleAdsenceチームから届きます(( ノД`)シクシク…









またGoogleAdsenceホーム画面に下記の内容が表示されます!!








当然、この期間は広告表示されないので収益は0円!!






停止の理由は・・・「無効なトラフィックが検出された」とのことでした!




無効なトラフィックの定義


無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

無効なトラフィックの例は次のとおりです。

  • サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

Google 広告のクリックはユーザーの純粋な興味のもとで行われる必要があり、AdSense プログラム ポリシーでは、クリック数やインプレッション数を作為的に増やすいかなる行為も固く禁止されています。お客様のアカウントで無効なトラフィックが多数検出された場合、広告主様とユーザーを保護するために、アカウントを停止または無効化させていただく場合があります。お客様のトラフィックの品質を確認できない場合は、広告の配信を制限または停止することがあります。無効なクリック操作が原因で、収益の見積もり額と確定額が一致しなくなる場合があります。

お客様が知らない間に第三者が広告に対して無効なトラフィックを発生させている可能性があります。ただし、最終的にはサイト運営者様の責任のもとで、広告に対して無効なトラフィックが発生しないよう管理していただくようお願いしているため、無効なトラフィックを防止する方法をご覧いただくことをおすすめします。

とのことです!




なるほど・・・・

サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと




1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと




サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア






の3点が原因なのか~~。


原因の究明


ブログを始めて、またアドセンスに合格したことを話したことを振り返ってみると・・・





???家族か?




確認すると・・・・






家族:ブログを毎回見てクリックしといたよ(笑)

????




そ・れ・だ・・・・それだ~





1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと

に触れてるやんか~~







早速、何度も閲覧したりクリックをしないように注意!!




しかし、直ぐには制限解除にはいたっていません(配信停止から14日が過ぎた現在です)





アドセンス制限の期間


警告がきた場合、約12日から1ヶ月ほどアドセンスの制限がかかるようです。





正確な期限は公表されないので、人によって異なるようですね!




とりあえず・・・


解除されるまでブログ記事を更新続けるしかありませんね!




まとめ



GoogleAdsence広告が制限されるのは、主に

①自己クリック
自分のサイトの広告をクリックしたり、自分のサイトを閲覧したりする行為。


②身近な人による複数回のクリック
同じユーザーが繰り返し広告をクリックしている行為。


③アドセンス狩り
悪意を持った第三者が意図的に広告を連続でクリックし、サイトのアドセンス停止を狙う行為。


④SNS流入
TwitterなどからのSNS流入。


⑤クリック誘導
ユーザーに広告をクリックするように促す言葉や、誤クリックを誘発するような広告配置。


があります。




やはり①自己クリック、②身近な人による複数回クリックが多いと思います!





同じようにならないために皆さん、注意してくださいね!




*私は結局1ケ月間の制限がかかりました!1ケ月は士気が下がりましたよ


【公式サイト AdSense 広告配信の制限ヘルプ】

広告配信の制限 - Google AdSense ヘルプ
Google では、広告主、サイト運営者、およびユーザーを詐欺や悪質な広告エクスペリエンスから保護する広告エコシステムの維持に努めています。そ


広告配信に影響を与えるポリシー違反を解決する - Google AdSense ヘルプ
注: ポリシー センターのデザインが新しくなりました。詳しくは、変更内容をご覧ください。 ポリシー センターを使うと、広



【このブログ記事を書いた人の自己紹介】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました