育毛でコンプレックスを解消!【薄毛に悩む約1200万人が秘密を暴露】

生活の秘密知識


RioMay
RioMay

表に出して言えない、薄毛や禿の悩み!
原因を知って対策をするにはどうればいいのか?一度、勉強してみましょう!



年配女性
年配女性

年のせいか、髪の毛がうすくなった気がするわ!


年配男性
年配男性

髪型を見られて気になるな!なんとかしたい!


【この記事の信頼性】

RioMayが薄毛に関する著書を読んで、一般の方でも理解できる内容にアレンジ!

著書は、その分野に精通した方の執筆です。

薄毛や禿の解決に寄与したいです!


そんな悩みの糸口になる、そんな勉強がスタート!!





男性の薄毛の原因について


原因1:親が薄毛だと遺伝する? 遺伝と男性ホルモンの関係



父親が薄毛なので、自分も将来、薄毛や抜け毛に悩まされると諦めている人もいるでしょう。



しかし、一方で父親や祖父が薄毛ではなかったのにもかかわらず、薄毛になってくる人もいます。





実際、薄毛は遺伝するのでしょうか? 

それとも遺伝しないものなのでしょうか?


さまざまな研究で薄毛は、


遺伝だけではなく、ストレス、生活習慣や食生活の乱れ、睡眠不足、パーマやワックスといった整髪料による刺激




など、複数の原因が絡み合って、起こることがわかっているそうです。






よって、遺伝もひとつの原因ですが、100%の確率で薄毛が遺伝するとは言いきれないそうです。





中には、親や祖父が薄毛にもかかわらず、年齢を重ねても薄毛にならない人がいるからです。






ただ、男性型脱毛症は遺伝との関連は深いとのこと。




男性ホルモンの一種であるテストステロンは5α-リダクターゼという酵素の影響を受けることによって、デハイドテストステロンと呼ばれる強力なホルモンに変質します。






遺伝的な要素によって、この変質が起こると考えられており、髪の成長を脅かす種類の成長因子が活発になることによって、頭髪の成長サイクルを狂わし、男性型脱毛症が起こると考えられているからです。






原因2:パーマやワックスなど、整髪料と薄毛・抜け毛の関連は?


若い頃にパーマやブリーチなどを頻繁に行うことで、髪や頭皮にダメージが蓄積し、それが原因で薄毛になると言われることがあります。





整髪料と薄毛の明確な関連性を示すデータがあるわけではありませんが、明らかに付けすぎていたり、整髪料を使用した後、しっかりと

洗い落としていない状態を続けていると、髪や頭皮への負担が大きくなり、薄毛や抜け毛につながる

と考えられています。


パーマの際に使用するパーマ液も頭皮に付着すると、肌荒れを引き起こす可能性があるほか、ワックスやヘアスプレーといった整髪料は、男性の多くが利用しているでしょう。




少しでも薄毛のリスクを減らすためには、整髪料は少しずつ必要なだけ使用して、使用後は充分にシャンプーで洗い落としておくようにすると、良いでしょう。






原因3:脂っぽい食事の摂りすぎなど、乱れた生活習慣が原因


偏った食生活も薄毛、抜け毛の原因だと考えられています。



とくに脂っぽい食事を過度に摂取することは避けたいところです。




乱れた食生活は髪に必要な栄養が不足し、頭皮の過剰な皮脂分泌など頭皮環境の悪化から、毛髪の成長サイクルに悪影響を及ぼす恐れがあるからです。




生活習慣の見直しを行い、体への休息やいたわりをしっかり行えるよう気をつけることが大切です。





原因4:ストレスが抜け毛や頭髪の発育に影響する?


通勤電車、会社から課せられたノルマや人間関係など私たちは仕事中に多くのストレスを感じています。



また普段の生活でもストレスを感じるシーンがたくさんあります。


こうしたストレスは、年齢や性別を問わず、薄毛や抜け毛との関連が疑われています。



髪の成長に重要な役割を持つ副交感神経がストレスの影響を受けることがわかっているからです。



ストレスを感じると毛細血管が収縮し、血行が悪くなるなど、体に変調をきたします。




また、ある日突然、円形に髪が抜けてしまう円形脱毛症の直接の原因も、ストレスによって体内の免疫機能が発動し、それが髪に対して攻撃的に働いてしまい、髪が抜けるからだと言われています






原因5:タバコを吸っている人は薄毛・抜け毛になりやすい?


薄毛や抜け毛の原因のひとつと言われているものに、喫煙もあげられます。



タバコを吸うと、体内の血液循環が悪くなることが知られていますが、血液循環が悪くなると、血行不良を起こし、頭皮に充分な栄養を与えるのを妨げてしまうことが懸念されます。



頭皮に栄養が行き届かなければ、毛が抜けたあと、新たな毛が生えるサイクルに悪影響を与えることになります。




タバコの体への悪影響はさまざまなものがありますが、健康な髪のためにも喫煙は控えたいものです。






原因6:実は性格も薄毛や抜け毛に関係している?


一見すると、性格と薄毛との間に関係性はないと思われるかもしれません。





しかし、性格はストレス耐性と関連があります。



例えばストレスをためやすい人の場合、抜け毛を発見すると、薄毛になってしまうかもしれないと、危機感や不安を感じ、抜け毛そのものがストレスとなることでかえって抜け毛が進行してしまう可能性があります。



ストレスは、身体のあらゆる部分で血行不良を引き起こし、毛髪への栄養不足をもたらしかねません。





また、イライラしがちな短気な人、あるいは周囲の目を気にし過ぎる人も、知らず知らずのうちにストレスが蓄積して、体調不良から円形脱毛症になってしまうケースが考えられるのです。






原因7:睡眠不足が髪の成長に必要な副交感神経の働きが鈍らせます


睡眠と薄毛にも深い関係があります。



寝不足が続く人は身体的なストレスがかさみ、髪の成長に必要な副交感神経の働きが不充分となることで薄毛を進行させてしまう可能性があります。




反対に、しっかり睡眠時間を確保できていると、内臓器官の働きが良くなり、若返り効果から抜け毛対策にも効果的だといわれます。




なお、ストレス解消にも睡眠は効果があるとされるため、何歳になっても質の高い睡眠を心がけることが必要です。



女性の薄毛について


女性の薄毛は大きく分けて6種類に分類されます。


1. びまん性脱毛症(瀰漫性脱毛症)



40代をすぎると増え始めるのが、びまん性脱毛症です。



全体的に頭髪が薄くなっていくのが特徴です。年齢による原因以外には、ストレスや過度なダイエットも影響します。





2. 分娩後脱毛症


産後に、抜け毛が増える症状です。



妊娠中はお腹の中にいる赤ちゃんを育てるため、女性ホルモンの分泌量が非常に増加します。




女性ホルモンには髪の成長期を長くする作用があり、本来抜けるはずの髪の毛が抜けない状況になっています。出産後は急に女性ホルモン量が減る(産前の状態に戻る)ため、ヘアサイクルも元に戻ることから、妊娠中に抜けるはずだった毛が一気に抜けます。




新しい毛が生えてくるまでには時間がかかることから、しばらく薄毛になりますが、これは一時的な症状であり、時間経過とともに治ることがほとんどです。






3. 円形脱毛症


脱毛箇所は1か所の場合もあれば、数か所に及ぶこともあります。



円形脱毛症の原因にはストレスが挙げられますが、他にもアレルギーや甲状腺の病気からも発症します。





4. けんいん性脱毛症(牽引性脱毛症)


長髪の女性で、定期的に髪を結ぶ方に多い症状です。



長時間、髪の毛が引っ張られる状態が続くと、地肌に負担がかかり抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。また、分け目を変えないままでいる女性にも起こりやすい症状です。



5. ひこう性脱毛症(粃糠性脱毛症)



シャンプーし過ぎで必要な皮脂を洗い流してしまうこと、洗う際に強くこすられ、地肌に傷が付き炎症を起こしてしまうことにあります。



これらの影響により頭皮の環境が悪化すると、フケが発生。



フケは頭皮に点在すると毛穴を塞いでしまい、髪の毛の成長を妨げ薄毛の原因になってしまいます。





6. しろう性脱毛症(脂漏性脱毛症)


皮脂が過剰分泌されたことにより発生する症状です。



皮脂の分泌量が規定値を大幅に越え、ひどくなると脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)などの病気になることもあります。



定期的に頭を洗わない、洗髪の際のすすぎ不足、または、合わないシャンプーを使っている場合にも発症してしまいます。





薄毛は遺伝する?


家族に薄毛(ハゲ)の人がいる場合、子や孫に薄毛が遺伝する確率はとても高いです。



生え際や頭頂部の薄毛が目立つ方や、若くして薄毛に悩まされている方は、家族の薄毛が遺伝し、AGAを発症している可能性が考えられます。


「なぜAGAは遺伝するの?」
「家族の薄毛が遺伝する確率はどれくらい?」



遺伝子情報が、親から子へ引き継がれやすいことがわかっています。



薄毛(ハゲ)遺伝する確率は、母方の祖父が薄毛の場合AGAを発症する確率が高いです


細胞の中にある染色体は、男性が「XY」、女性は「XX」という組み合わせを持っていて、男性は、母親のX染色体と父親のY染色体を受け継ぎます。

染色体には、親の遺伝子情報を子に引き継ぐ役割があるのですが、X染色体は薄毛の遺伝子を持つことがわかっています。

つまり、母親に薄毛の人がいれば、子にもその遺伝子が引き継がれてしまうということです。



遺伝と聞くと、「体質的なもの」「治らない」というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、AGAによる薄毛は適切な治療で改善することができます。





【補足】

薄毛はメンタル面に大きく影響を与えてしまい、人生が停滞することも・・・解決策とは?

そんな知識が詰まった動画です。




約1,200万人の薄毛に悩む方がジャンル別に暴露!




そんな参考になるサイトです!



「薄毛に悩む人 約1,200万人」の根拠

「薄毛に悩む人 約1,200万人」の根拠|【公式】薄毛・抜け毛治療ならAGAスキンクリニック
「薄毛に悩む人 約1,200万人」の根拠について、20代以上の男性1,030名を対象に、あなたは、現在の髪の毛の状態(薄毛や抜け毛)をどの程度気しいるか調査を行いました。AGAスキンクリニックでは、AGA(発毛・育毛・薄毛)に特化した最先端治療を全国で専門的に行っているクリニックをご紹介しています。患者様一人ひとりのお...


まとめ


薄毛(ハゲ)は、残念ながらかなり高い確率で遺伝します。


ただ、AGAは治療で改善できることや、薬以外にも今すぐできる予防法がたくさんあるのも事実です。



「遺伝だから…」と諦めず、まずは薄毛の原因を特定することです。



薄毛に対する男性の思いは人それぞれで、毎日思い悩んでいる人やまったく気にしていない人もいると思います。



年齢によっても違いがあると思いますが、医療機関で治療を受けるという選択肢もありますし、自然のままにするという選択肢もあると思います。




しかし、どれを選んだとしても、何気ない視線や言葉で傷つくのは、本当にあなた自身の考え方かもしれません。





事実だから気にしない、気にならないというのも解決策になる一つですよね!



【この記事を書いた人の自己紹介】


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました